365 Days of Experiment

365 Days of Experiment

音楽、料理、生活、創造に関するブログです。ユルブログです。ゆっくりしていってください。

虐待、家系カルマ、流しそうめん(6):ポストDV〜ウナギのような自分を掴んで草はらを駆け抜ける()

こんにちは。
前回の記事では、「自分を大切にしない地獄」から抜け出し「とりあえず(命は)安全な草はら」に出たところまでを書きました。
今日は「(命は)安全だけど、よく見たらアザミとかが生えちゃってる草はら」を歩いて抜けw、「完全にトラウマを克服した」と感じられたところまでを書きます。

***

プチDV彼氏との関係から離脱し、ボロボロながらも常に自分を愛することを心がけつつ歩き出した人生は、アップダウンが激しく変化も激しかったですが、総合的には幸せ度はどんどん上がっていきました。

お別れの2017年夏〜「"虐待"のトラウマから完全に立ち直った」と感じた2020年9月ごろ?までの3年間は、以下のような感じでした。興味あれば読んでください。(なかったらその下まで飛ばしてください。)

==================

(・2017年夏 プチDVさんとお別れ)
2017年夏〜冬
・いろんな人が助けられつつ、とにかく音楽を頑張った [ 必死 ]
・ 秋にバンドで録音 [ ハッピー ]
・録音に先立ちガチのギターを購入、ローン・・・[ 蒼白 ]
・親と会わないことに決めた [ orz ]
2018年はじめ
・憧れのレーベルからリリース [ 感動 ]
・仕事をほとんどせず、とにかく音楽に集中。借金してもいいことにした [ 必死 ]
・音楽やその関連でお金が少しずつ入り始めた [ ハッピー ]
・借金は(ローンも含めて)150万に( ^ω^ ) [ 無 ]
2018年秋〜
・バンドが休止 [ あの時はしょうがなかった( ^ω^ )) ]
・ガチで借金を返し始めた。人ともほとんど会わず黙々と働いた[ 無 ]
2019年4月
・借金完済  [ 灰 ]
2019年春〜秋
・ソロアルバム作成
2019年冬
・最後の「もうダメだ・・・疲れた・・死にたい・・」ウェーブ発動 [ 闇 ]
・家の隣人が発狂?(夜中に何か叫んでいる) [ 怖 ]
・家電と家具が立て続けに壊れて何もなくなったけど、とりあえず引っ越し [ 必死 ]
2020年はじめ
・引っ越したら「死にたい」ウェーブが消えた [ 安心 ]
・バンド再開 [ ハッピー ]
・コロナ渦がHIT [ ( ^ω^ ) ]
2020年春〜秋
・ガチのヨガ(瞑想)をはじめる [ 不思議 ]
・コロナで仕事がなくなった時間で、坐禅を組み、自分に対する最後の疑念や矛盾を捨てた [ 解脱 ]
・自分の気持ちと生き方の矛盾が減り、なんだかすごく幸せになってきた [ パアァ・・・]

==================

大きな出来事として、私は2017年に親と会うのをやめました。それまでは、年に数回は会っていました。その度に会ったあと2日間はぐったりして起き上がれなかったりとかが続いていたのですが、大人になってからも毎回ひどいことを言われて傷つくので「もう、次に大きく傷つけられたら、逃げていい」と自分に約束していました。

で、実際にそう約束した「次」の機会に、毎度のことながらひどく傷つけられたため(そして、それを「やめてくれ」と言葉で直接的にお願いしましたが、「甘えるな」という謎の回答でしたのでw)、会うのをやめることにしました。


あとは、もうずっととにかく「自分を愛する」、そして「自分を大切にする」ということを軸にすえて生きてました。

借金するとか、それを返すために灰になるとか、「どこが自分を大切にしてんねん(笑)」とハタから見たら思えるかもしれないですがw、自分にとっては自分を大切にする行為の一環でした。

本当の自分の願いはただ一つ。「音楽をやりたい」ということだけでした。誰が私をどう評価していても(才能があるとかないとか、売れるとか売れないとか)、自分だけは、自分を信じ、心ゆくまで音楽をやらせてあげようと思ってました。だから、

・心からその音色にときめいているなら、多少高くてもそのギターを買ってあげる( ^ω^ )(蒼白)
・仕事も入らないくらい音楽を頑張りたいと思っているなら、とりあえずそうさせてあげる( ^ω^ )(蒼白)
・そのためにした借金なら、喜んで死ぬ気で働いて返す( ^ω^ )(そしてまじで死にそうにw)

という選択をしました。


ここまで書いて思いますが、「自分対自分の関係」って、本当に不思議ですね。「自分対自分」が問題になるのって、動物で人間くらいですよね。「自分」という存在は、掴みづらいウナギのよう・・・油断すると、自分が何を感じているのかとか、考えているのかとか分からなくなり、スル〜っと手の隙間を抜け、姿を消してしまうウナギ・・・

「自分を大切にする」というのは、常にどんな場面でも「本当の、深いところでの自分の望みは何なのか?」ということを考え、掴みなおし、選択していくということなのかも・・?しれません。

ウナギがビチビチしても、( ^ω^ )bガシッ と。
ヌルヌルしても、( ^ω^ )bガシッ と。


そんなふうにとにかく「自分を愛すること」を軸に過ごしていたら、どんどん幸せ感が「底上げ」されていく感覚があったのですが、最後の一押しは去年やってきました。
2020年にコロナ渦で仕事が飛んだ時間で坐禅を組んだ(w)ところ、最後の最後で自分の心が感じていること・感覚をどこか疑って見ている自分に気づき、その最後の自己疑念のようなものもポイっと捨てました(詳しくは、以前にこちらの記事で書きました)。

自分の思い通りに幸せそうに生きている(ように少なくとも見える)人は、自分の内的感覚をとても大切にしていて、疑ってすらいないように思えたからです。なので、自分もそうしてみたら案外すんなりできました。そして、内面的に矛盾のない状態って、こんなに幸せなのか・・・と思いました。

根拠はないけれど、ここまで内面的に変わったら現実もそのうち変わってくる気がするし、万が一別に何も変わらなかったとしても、このかなり高いレベルの幸せを保てる状態にまできたことに、嬉しい驚きを覚えました。


そんな感じで気分良く過ごしていたら、ある日「自分が一つになった感覚」がやってきて、「あ、これたぶん虐待のトラウマを克服したし、もう絶対に自分からは人に連鎖させないな」と強く感じるというか、「分かった」日が来ました。

すみません!かなり意味不明だと思うのですが、長くなってしまったので、次に続きます!m(_ _)m


虐待、家系カルマ、流しそうめん(5):プチDVな関係からの離脱〜地獄から草はらへの脱出 →

Leave a reply